近くの耳鼻科をお探しの方:
 耳鼻咽喉科医療機関の検索
補聴器相談医をお探しの方:
 補聴器相談医医療機関の検索
救急の方・開いている施設をお探しの方:
 耳鼻咽喉科の休日診療・夜間診療について
耳鼻咽喉科以外の救急の方:
 救急診療情報
東京都地方部会について知りたい方:
 東京都地方部会について


東京都地方部会について
学術講演会などについて
今までのお知らせ
補聴器適合に関するファイルのダウンロード

学術講演会の発表について
詳細は東京都地方部会例会学術講演会の発表と地方部会誌掲載に関するお知らせをご覧ください。

  1. 演題は全て E-mail(アドレスはその時の担当校・病院)で申し込み、200字の抄録 をつけてください(E-mail で申し込みができない方は担当施設へ御連絡ください)。
  2. 発表はすべて PC にて行なっていただきます。
  3. 演者の方は、該当群 1 時間前までに演者受付に、USB メモリーに保存したデータをご提出下さい(CD-R や DVD-R は使用できません。一部はバックアップ用もご用意下さい)。学会で準備した Windows コンピュータにファイルをコピーさせていただき、液晶プロジェクターにて投影いたします。
  4. 「Windows 版 PowerPoint 2013−2019」で作動確認したファイルをご用意ください。Mac 使用の方は Windows ファイルに変換して、各自事前に文字ずれ/文字化けなどの有無を確認してからご持参ください。



日本耳鼻咽喉科学会
東京都耳鼻咽喉科医会
ひまわり (東京都による医療施設電話案内)
「ひまわり」のホームページでは「医療機関検索サービス」を利用して休日・夜間救急診療 所の検索ができます。
ホームページから「場所」を選び「耳鼻いんこう科」と「休日、祝日」をチェック、または夜間の時間帯を記入すると該当する医療機関が検索されます。
注意「休日・全夜間診療事業」では耳鼻科の救急の検索は出来ません。
東京都医師会
耳鼻咽喉科情報処理研究会




給付金のご案内


医療情報総合研究所は4月の受診患者数が耳鼻咽喉科クリニックは43%減であったと発表しています。政府はいろいろな救済制度を設けていますので、ご検討ください。
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/09_iryou_flyer.pdf

<給付金>

1)持続化給付金制度
https://www.jizokuka-kyufu.jp/
前年同月比で事業収入が50%以上減少した月があることが条件ですが、新規開業の場合などでは条件が違っています。

2)雇用調整助成金(特例処置)
https://www.mhlw.go.jp/content/000611773.pdf
9月まで特例処置が延長されました。

3)中小企業者・小規模事業者に対する固定資産税・都市計画税の減免 https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2020/200501zeisei.html
   事業収入が30%以上減少した月が連続3ヵ月あることが条件になります。

4)中小企業者家賃補助事業
  家賃支援給付金:2020年6月分から6ヶ月分までの家賃の2/3を補助
https://yachin-shien.go.jp/
  別に各自治体による家賃の補助もある(下に例を示す)
https://www.city.machida.tokyo.jp/jigyousha/shien/rentoffice.html

5)特別定額給付金:国民全員が対象(地域によるが2020年8月頃が申請期限)

6)東京都新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/iroukin.html
7月28日より申請開始

7)東京都医療機関・薬局等における感染拡大防止等の支援事業
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/shienkin.html
病院は200万円+5万円×病床数、無床診療所は100万円が上限

<貸付>

1)中小企業庁:
セーフティネット保証制度4号
https://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_4gou.htm
セーフティネット保証制度5号
https://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_5gou.htm

2)日本政策金融公庫:新型コロナウイルス感染症特別貸付
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/covid_19_m.html